パワプロアプリプレイ中
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドカップ2014 ブラジル×ドイツの結果、感想
2014年07月09日 (水) | 編集 |
ブラジル 1-7 ドイツ でした。


今日はエイプリルフールではありません、これは現実。
逃れられぬ現実なのです。
ブラジルサッカー史上最悪の日になったかもしれません。
開催国のホームアドバンテージを受けてこれは・・・。

ミュラーのゴールでドイツが先制した時はこりゃ面白く
なりそうだなあとテレビ画面を見ていたのですがそこから
少し先にとんでもないゴールラッシュが待っていました。
主に右サイドのラームを絡めてパス、速攻を織り交ぜ
一気に4得点。
ブラジルは完全に機能停止状態で棒立ちって感じ
でした。
チアゴシウバがいても正直これを止めれたかどうか。
代わりの選手もかなりのチームでやっている選手なん
ですけどね。
準決勝の前半でこんなことになるとは全く予想して
いませんでした。
開幕戦の記事でピークをノックラウンド後に合わせているの
かなみたいな事を書きましたがどうやらそうではなかった
みたいです。

後半は出だし攻めましたがそこが終わるとまたドイツの
ペースになっていきました。
シュールレの左からのスーパーゴールもありスコアは
7-0に。
他にもエジルがドフリーで外したものやミュラーのシュートを
セーザルがファインセーブしたの等もあり一歩間違えば二桁
ゴールあったと思われます。
個人的には点差が開いてもきっちりと自分たちのサッカーを
貫くドイツには好感が持てました。
ノイアーも3本くらい決定機を止めてましたね。
この人はペナルティエリアから飛び出してDFっぽい役割も
こなすのが凄いです。
相変わらずの鉄砲肩でもありました。
サッカーのボール投げてハーフウェーラインこえてきますから
ね・・・やり投げとか野球でもいい線いけそうです。


そんなこんなで最後にオスカルが一矢報いて試合終了。
さすがのドイツも7点差では集中力が下がったでしょうか。
クローゼのワールドカップ通算得点数1位とかミュラーの
2大会連続5得点などの記録も達成されたのですが試合
じたいの結果が衝撃的過ぎてあまり触れられていません
でした。

ブラジルは1から出直しですかね。
これだけの強豪国がこんなことになるんだから日本も
もっと貪欲に勝つためのサッカーをしなければなりません。
今のパスを回すサッカーは今大会でだいぶ攻略された
感があります。
ドイツのようにパスサッカーと速攻どちらもできるように
なるのが今後の主流でしょうか。
当然それを打ち破る新たなスタイルも出てくることでしょうし
日本も遅れをとらないようにしなければいけませんね。


いやー凄い試合でした@。@



にほんブログ村 ゲームブログ 携帯用ゲーム機へ

関連記事
テーマ:FIFAワールドカップ
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。